fc2ブログ

このサイトに関して

ご 注 意 !!
このサイトはアダルトサイトで、かつフィクションです。
実在する個人、団体等とは一切関係ありません。

次のような方は直ちに退出してください。
・18歳未満の方
・不快に思われる方
・空想、妄想などを、現実だと思い込まれる方
 あるいは、その恐れのある方
・フィクションとしてのSMの世界を理解できない方

退出される方はこちらへ


SM・今夜のおかず(緊縛写真集)
小説を読んで頂いたら、
緊縛のイメージを膨らませるためにも、
ぜひご訪問ください。
以前掲載していたサンプル動画へのリンクも混入してます


いつもご訪問頂きありがとうございます。
このサイトは、最新の更新が一番前に来るようになっています。
そのため、連載のストーリーあるいはバックナンバーを読むのに
ご不自由をお掛けしていると思います。

書籍のページをめくるように読むためには
右のカラムの「全記事(目次)」で「全タイトルを表示」をクリックし、
記事の一覧表を表示し、お好きなページをお選び下さい。

そのページを読み終わると、記事欄の下に、
「次のページ/HOME/前のページ」
を選択する行が出ますので、
左側の次のページのタイトルをクリックしてページをめくって下さい。

あたかも本のページをめくるように読み進めることが出来ます。

お試しいただいて、ぜひ妄想の世界をたっぷりとお楽しみ下さい。


テーマ : SM
ジャンル : アダルト

淫虐調教別荘(12)女子大生 香菜(12)

香菜もすでに経験済みである。それも一人ではない。とはいっても、相手は将来自分の親の会社を継ぐような御曹司の大学生で、そんな上流社会の合コンの流れの中での出来事である。相手も稚拙で、香菜を開発するより、自分勝手に果ててしまうのが普通だった。
経験済みといっても、経験の無いのと同じようなものである。包皮を捲られて現れた珊瑚の珠もまだ発達してはいない。

修司の中指の腹がそっとそれに触れた。
痛みにも似た鋭い刺激が香菜の躯を突き抜ける。
「アウッ」
その刺激で声を上げたとたん、バイブを口の中深くに呑み込まされてしまった。
「舌を使ってそれを舐め回すんだ。唾液をたっぷり塗して、本当の男のものを愛する練習にもするんだ」
秘裂からの刺激に気をとられて、香菜は口の防備がすっかりお留守になってしまっていた。それを狙ったように、修司がバイブを香菜の口の中で自由に動かし始めた。
「アオゥ・・・ウ、ウウ」
口の端から涎が泡になって溢れる。
「そうだ、その調子を良く覚えておくんだ。後で本物でやってもらうからな」
香菜がよく理解できないことを言うと、修司はバイブを口から引き抜いた。香菜はまるであごが外れたようになって、口が自由にならない。
そんなことにお構いなく、修司は唾液でべとべとになっているバイブの先端を香菜の秘口にあてがった。そちらも修司に敏感な急所を嬲られ、すっかり潤ってしまっている。

「ア、ワゥ・・・」
香菜はやめてと言おうとしたが、口が痺れたようになって自由に動かない。その間にバイブの先端が、ズルッと香菜の蜜壺にもぐりこんでしまった。
リビングルームでも立ったまま突き入れられたが本格的になぶられる前に終わってしまった。それまで香菜にはそんな器具を入れられたことはなかった。その時が初めての経験である。
何回か抜き差しをしてぬめりを満遍なく塗すと、修司はグッと奥まで押し込んだ。
「アッ、ダメ!」
やっと言葉が出るようになった香菜が叫んだが、もう遅かった。叫んだからといって、修司の手がとまる訳はなかったのだが。
「なにがダメだ。万歳をして、脚をおっぴろげてすっかり濡らして、その上、口で散々舐めまわしたものだ。さあ入れてくださいと躯が言っているじゃないか:」
「修司がこんなひどい格好にしたのじゃないの」
やっと声が出た香菜が喚いたが、今までより弱々しいものだった。
「もう俺はお姫様の使用人ではないんだ。名前を呼び捨てにするのは止めて貰おうか」
「馬鹿なことを………じゃあ何て呼べばいいのよ」
「ご主人様・・・かな。俺の方もお前のことは香菜と呼ぶことにする。もうお嬢様でも、お姫様でもない。こんなものを素っ裸でここに咥え込んでお嬢様でもないだろう」

修司がスイッチを入れると、バイブレーターが香菜の躯の中で微妙に振動し始めた。震動だけではない、震動しながらうねうねとうねっている。
そして、二股に分かれた先端は、さっき修司にむき出された珠に届いて、ブルブルと舌状の板を震わせて、絶え間なく耐え難い刺激を香菜に与えてきた。
修司はそんな動きをするバイブを抜き差ししたり、こねくり回したりして香菜をいたぶってくる。奥まで押し込まれると、うねっている先端が子宮口を愛撫するかのように動きながら押し上げてくる。
「ウウ~~アァ~~~~やめてぇ」

逃げることも出来ず、なすがままにされていた香菜に、今まで経験したことのないほどの快感が沸きあがってきた。
「いや、止めて・・・おかしくなる~~」
今までの男たちの交わりでもそれ相応の快感はあった。だが、今香菜を襲ってきているものは、その時とは少し違う。少しどころではない、全く異質なものである。
リビングルームで感じ始めた快感は、尿意に邪魔されてほんの入口程度だったのだろう。しかし、今度は修司も落ち着いて責めてくる。

ゆっくりした抜き差しが段々早くなってきた。
やがてそれは全く休みのない激しく早いピストン運動になってきた。それに呼応して香菜の肉筒も溢れるばかりの淫液を吐き出し、修司の手をびっしょりにしてしまった。
「アア、アアア………アウゥ~~」
自分でも意識しないうちに香菜は声を出してしまっていた。そのうえ、ベッドに磔にされながらも、必死でバイブを迎え入れようと腰を動かし始めてしまった。
香菜にはどうしてそうなってしまったのか分からない。気持ちは拒否していても、女の躯が勝手に快楽を貪ろうとしているのだろうか。

「段々気持ちよくなってきただろう」
「ア、アア、アッァ………」
もう香菜の口からは喘ぎ声しか出ない。頭では止めて欲しいのに、よく分からない焦燥感が、躯の別の部分から、もっともっとと修司の動きを求めてくる。
その香菜の求めが分かるように、修司の手の動きが限界に近いほど、大きく、強く、速くなってきた。
「アア、ヒィィ~~、ア、アッ・・・・駄目、壊れちゃう、イイイ」
香菜も自分で何を言っているのか分かっていない。下半身が熱くなり、バイブレーターを呑み込んだ快楽の井戸からは、とめどなく愛液が溢れ、ビシャビシャという卑猥な音を立てている。

そして、それは突然香菜を襲った。全身が硬直し、下半身を熱くしている火の玉が破裂したのかと思われるように全身が燃えあがった。頭の中が、光に満されたと思われるように真っ白になってしまった。
「ヒィーーッ!」
一声悲鳴を上げると、香菜の躰はベッドに縛りつけられたまま突っ張って、硬直し、そしてガクガクと痙攣が走った。
バイブレーターを操る修司の手に、どっと淫液が浴びせ掛けられ、まるで失禁をしたかのようにあたりをぬらしてしまった。

それがオルガスムスだったのだろう。初めて味わった香菜には、なにがなにやら分からなかった。
硬直した躯を突き抜け、今まで躯の奥に蠢いていた焦燥感が、頭の中で真っ白にはじけて散った。その瞬間に味わった快楽の絶頂感に翻弄され、無意識の内に大きな声を上げていた。
そして、それが静まってくると、もう動きたくないほどの疲れで、完全に体が弛緩してしまっていた。





ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい

テーマ : SM小説
ジャンル : アダルト

淫虐調教別荘(11)女子大生 香菜(11)

そんな窮屈な姿勢にされても香菜は少し眠ったようである。眠っていたといっても浅い眠りである。ドアの開く気配で香菜は目を覚ました。
手に大きなバッグを提げて修司が入ってきた。
「眠れたようだな、少しは元気になったか」
「………」
眠ったことによってか、香菜にはまた少し気力が戻ってきた。修司が少し優しく話しかけても、睨みつけるように視線を向けて口をつぐんでいる。
「安田さんと百谷は自分の家に帰った。今は俺一人だ。やっとお嬢様と二人きりになれた」
「………」
「長い間ずっとこの日を待っていたんだ。お嬢様は気がつかなかっただろうけど、日本に帰ってからも何回も成長したお嬢様を東京で見ていた。そして、この日のためにここを安田さんと百谷と一緒に改造してきたんだ。これで、やっとお嬢様を俺の奴隷に出来る。単に別荘の持ち主の一人娘というよりは、この瞳湖一帯の領主のお姫様のようなお嬢様を奴隷にする………」
「いったい何を言っているの! 奴隷だ、奴隷だなんて……そんなことが許されると思っているの」
「いくらでも声を上げればいい、この毛布を剥げば自分がどういう立場か思い出すだろう」
そう言いながら修司は一気に毛布を剥ぎ取った。

天井から吊るされている照明器具は香菜の選んだもののままだった。そのシャンデリアにも似た光が、ベッドの上に仰向けでX字型に開かれた香菜の裸を照らし出す。エステで整った躰が余す所なく曝されている。特に大腸が強制的に排泄されて空っぽにされたせいか、下腹部はほとんど平らか、ややへっこんでいるくらいである。腰骨が尖り、さらによく手入れのされた黒い翳りを載せた恥丘の膨らみが、もっこりと盛り上がっている。
「駄目!」
夏とはいっても素肌に直接外気が触れ、さらに修司の目に曝されて、香菜はさっきの強気な言葉とは反対に身を縮めようとした。しかし、手足を広げている鎖にはそれほど余裕はない。両膝をやや近づけられただけだった。

「さて、これからゆっくり楽しませてあげるからな」
香菜の腰にさらに革のベルトが巻きつけられた。手足の枷ほど厚いものではなく、幅5センチほどの柔らかなものだった。そのベルトにもリングが付いていて、修司がそれに鎖を取り付けた。

香菜が寝かされているベッドの鉄枠には、鎖を引っ掛ける金具が幾つも付いていて、どのようにも犠牲者を固定できる。腰のベルトに付けられた左右二本の鎖も、その金具に掛けられ、香菜は腰もベッドに固定されてしまった。手足だけなら多少なりとも体を動かして、男の手を避けることも出来ただろうが、もうそれも適わなくなってしまった。
修司の指が開いた股間に伸びる。
「うっ」
必死に縮めた両脚で、辛くも秘唇は閉じてはいたが、そこをこじ開けるように指を差し込まれて香菜は呻いた。男の思うままに秘裂は押し広げられてしまう。
「これじゃ駄目だな、先ずこっちで一度濡れて貰うか。さっきは別のことでほとんど楽しめなかったので、これからはたっぷりと楽しませてやるよ」
修司がぶら下げてきた大きなバッグの中身を床にあけると、リビングルームで山積みにされていた道具類が拡がった。その中から一度香菜に呑ませたバイブレーターを取り上げると、香菜にこれ見よがしに突きつけた。

香菜は目の前のものを直視できずに目をそらせた。しかし、このままではまた恥しい目に逢わされてしまう。思い切って上から覗き込む修司をきっと睨みつけた。
「なにが不満なの。ここの管理人が嫌ならパパに頼んで、パパの会社に入れてもらうわ。お願い、もう酷いことをしないで」
「不満なんかないさ。お嬢様をこうして手に入れて自由に出来る。これ以上の望みなんか無い」
「アメリカまで行って勉強してきたのでしょう」
「ロスでちゃんと会社を経営している。俺が居なくても、社員がきちんとやってくれてるさ。いまさら、佐野さんの会社で働かなくても大丈夫だ」
「それだったら・・・」
「そんなご託を並べてないで、これを舐めて湿らせてくれ」

香菜の口にバイブの先端が押し付けられる。男のシンボルそっくりに作られたものが、唇を割って押し込まれようとしている。
「ムムム」
香菜は必死になって口を閉めて、そんなものを入れさせまいとする。
「そんなに嫌なのか。でも濡らしておかないいと、自分が痛い思いをするぞ。さっき一度は自分の躯に入れたものじゃないか」

両手の自由を奪われていては所詮香菜の抵抗も空しい。修司に鼻をつままれて息を塞がれると、苦しくなって小さく口を開いてしまった。そこを狙って、先端が押し込まれる。
唇を割られても歯をしっかり噛み締めて、香菜はそれ以上の侵入を拒む。
しかし、修司の大きな手で顎の両側を強く押し潰されると、香菜は抵抗できずに口を開いてしまった。

男根を模したバイブが中に差し込まれてしまうと、もう口を塞ぐことはできない。それでも、今度は歯でがっしり噛んでそれ以上奥へは侵入されないように抵抗した。
「なかなかしぶといお嬢様だな、鞭で打ち据えてやろうか、それとも優しくこっちの方がいいか」
修司はバイブを片手で押さえ込みまがら、もう片方の手を香菜の股間に伸ばした。
必死に脚を合わせてはいても、足首を鎖で開かれているので、ほとんど合わせることは出来ない。修司の指が香菜の秘裂を割ると、一番敏感な珠を覆っている包皮を捲り上げた。





ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい

テーマ : SM小説
ジャンル : アダルト

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター
全記事(目次)

全ての記事を表示する

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
08 | 2023/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
メールフォーム
ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ
バックナンバー
1.縄に堕ちて
2.熟女人妻奴隷調教
3.禁断の館第1話未経験の女
4.禁断の館第2話未亡人再調教
5.淫狼の生贄
6.淫虐調教別荘
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

フェチのオカズ

人妻のよろめき

【知佳の美貌録】高原ホテル別版 艶本「知佳」

女性用風俗のソフトSMが無料で体験できますin大阪(関西)

緊★縛エロチカ★

SM + 虐 待 & 拷 問

只野課長の調教日記(五人の性奴隷)

若狭と雫(全頭マスクの女)
RSSフィード