FC2ブログ
SM小説に託し、日々浮かぶ妄想をハードに書き綴って、美女を責めさいなんでいます。緊縛、剃毛、浣腸などなど・・・どうぞお楽しみ下さい。





ご 注 意 !!
このサイトはアダルトサイトです。
次の方は、直ちに退出してください。
・18歳未満の方
・不快に思われる方
・空想、妄想などと現実が区別できない方
 あるいは、その恐れのある方
・SMの世界を理解できない方


退出される方はこちらへ



いつもご訪問頂きありがとうございます。
このサイトは、最新の更新が一番前に来るようになっています。
そのため、連載のストーリーあるいはバックナンバーを読むのに
ご不自由をお掛けしていると思います。

書籍のページをめくるように読むためには
右のカラムの「全記事(目次)」で「全タイトルを表示」をクリックし、
記事の一覧表を表示し、お好きなページをお選び下さい。

そのページを読み終わると、記事欄の下に、
「次のページ/HOME/前のページ」
を選択する行が出ますので、
左側の次のページのタイトルをクリックしてページをめくって下さい。

あたかも本のページをめくるように読み進めることが出来ます。

お試しいただいて、ぜひ妄想の世界をたっぷりとお楽しみ下さい。

テーマ:SM - ジャンル:アダルト







長島が舞子の淫液で濡れそぼった指を引き抜いた。
「なかなかのものだな。今までずいぶんと受け入れ検査をしたが、これほど感度の良い女はそういなかった」
「そうですね、スカウトに目があったのか、そうとも知らずにスカウトしたのか」
「とりあえず、今日の所はここまででいいんだね」
「ええ、さっきもお話ししたように、この後は必要に応じて」
「尿検と血液検査の結果は午後一番で知らせる。多分問題ないとは思うが」
「じゃあ、これで受け入れ検査完了ということで、結果を貰ったら午後からでも最初の調教に入ります」
長島がうなずくと、調教師たちはぐったりした舞子を拘束しているベルトを解き始めた。

舞子は全頭マスクを被せられて、手枷を後手に繋がれて部屋に戻された。
「昼飯が来てるな。ともかく食べて少し休んでいろ。検査結果が分かったら、いよいよ本格的な調教に入る。その時に迎えに来るから」
「おっと飲み物を準備してやらなければ」
三人の調教師たちは、ベッドの柵に取り付けられている新しい空のペットボトルに、漏斗を挿し込むと、今度は三人が小便を注ぎ込んで出て行った。外からドアに鍵のかかる音がして、舞子はまた閉じ込められてしまった。

監視カメラで狙われていることは分かっていても、恥ずかしい格好でステンレスの皿に首を伸ばして固形食を食べないとならないし、男たちの放出した液体も飲み干さなければならない。
しかし空腹には勝てなかった。ともかく舞子は恥ずかしさに耐えながら、食事を済ませた。
ペットボトルは一度で空に出来なかったが、空になっていないと、また鞭打ちが待っているかもしれないので、数回に分けて全部飲み干した。美味しいものではなかったが、最初の時ほどの嫌悪感は無かった。直接見られていないためかもしれない。しかし、段々それに慣れてくる自分に、舞子は絶望感も感じてもいた。

絶望感といえば、下腹部の毛を失ったことの方が大きかったかもしれない。改めてツルツルの下腹部を見下ろし、全裸でいることに併せて心細さと恥ずかしさがこみ上げてきた。
その上、快感の果てにあの医者の指で感じた、どうしようもない絶頂感は何だったのだろうか。今まで舞子の感じたことの無い感覚、というより躯の反応であった。セックスの究極の快楽なのだろうか、あるいは聞き知っているオーガスムスと言うものなのだろうか。その結果が『逝った』という状態なのだろうか。確かに一瞬の間だったが、意識が途絶えたような感じもしたし、躰が勝手に動いてしまったようだ。さらに、後で考えると体から火が出るような恥ずかしい大声を上げていたようである。ある限界を超えると、自分でも制御できない躰の反応が起きてしまっていた。そんなことを考えていると、躰の奥が潤んで来そうになってしまった。

男たちが戻って来た時には、舞子は身を縮める様にしてベッドに腰掛けていた。
「検査結果が出て、調教奴隷として合格だそうだ。これから調教室に行き、第一歩から始める」
山本が宣言するように言い、また全頭マスクを被せ、川本が首輪を外した。そして両脇から二人の男に脇を支えられると部屋の外に連れ出された。
何を聞いても答えてはもらえないだろうし、悪くすれば腰に差している鞭が飛んでくるだろう。舞子はただ黙ったまま、男たちがなすが儘に従った。

舞子の連れてこられた所で冷たい台の上に乗せられた。そして両手を万歳の形に伸ばされて金属の輪で吊るされた。足も開かれて足首をやはり金属の輪で止められる。これで舞子は動くことが出来なくなった。
舞子をそのように固定した所で全頭マスクが取り除かれた。そこは縦長の箱のような所で、その中心に舞子は立たされていた。立っているのは円形の台で、その周りは隙間が空いていた。そしてその円形の台から上に門型の金属の柱が伸び、その頂点の横棒に舞子の両手が万歳に開いて繋がれていた。舞子を固定していたのは野本のようである。出入り口として一枚だけ開いていた所から野本が出ると外から閉められた。その出入り口だけはガラス窓が付いていたが、その他は何か良く分からない特殊なプラスチックの壁のようなもので、そこからは全く外が見えない。さらに、中が明るく外が暗いので、たった一枚のガラス窓からも外の様子は分からなかった。

ガクンと突然舞子の立たされている円盤がゆっくりと回転し始めた。回転し始めたのとほぼ同時に、出入り口以外の三方の壁から、勢いよくお湯が噴き出してきた。壁全面に小さなノズルが埋め込まれているらしく、そこから舞子の躰を狙ってお湯が噴出してくる。舞子はたちまちの内に、頭から足の先までお湯の矢に曝されてしまった。
ノズルからはまっすぐ舞子の肌に湯が突き刺さってくる。そのノズルは壁に無数といってもいい位取り付けられているらしく、円盤が回るに従って、舞子は万遍なく湯の矢に晒されてびしょ濡れになってしまった。それよりも湯が吹き付けられるところは、まるで針の先で突かれるよう痛い。
脚が開かれているので、剥き出しにされてしまった股間にも水流は遠慮会釈なく叩き込まれてきた。
もちろん顔も同じで、目は開いていられない。それどころか、呼吸もままならない状態で、うかつに息を吸うと鼻から湯が入ってきてしまう。

舞子にはなぜこんな目に合うのか分からないが、それはもう水責め以外の何物でもなかった。ただ冷たい水ではなく、適温のお湯だということが良く分からない所だったが。
何回か回転して躰中がたっぷりお湯に曝されてところで、そのお湯にソープが混じってきた。ソープ混じりのお湯は舞子の躰に当たると泡を立てて肌にまとわりついた。
頭の先から足の先まで、もちろん無毛の股間まで泡に包まれてしまった。その状態で一旦お湯と回転が止まった。とは言っても頭から泡まみれの舞子は目も開けられず万歳をして立っている他はなかった。



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。


サンプル動画が見られます


テーマ:SM - ジャンル:アダルト







人差し指に薄く潤滑ゼリーを塗ると、もう片方の手で舞子の秘唇を開き、露わになった膣口にゆっくりと差し込んだ。
「アアァ~~」
思わず舞子の口から声が漏れた。止めてほしいと頼みたいのだが、それは無駄だともう舞子には分かっていた。しかし、とうとう女の中心を、たとえ相手は医者だと言っても触れられてしまった。

長島は真剣な顔をしながら、舞子の膣内を探ってゆく。
舞子には長島医師が何をやっているのか分からない。ただ、男の指が性器に差し込まれて探られている‥‥‥それは、まるで前戯と同じであった。
指が二本に増え、膣壁を押してゆく。
「アアア~~」
長島の指が突然感じやすい所を刺激した。舞子は思わず声が出てしまう。それ以前に膣壁からは淫液がじくじくと湧き始めてしまっていた。

「ここか、いいものを持っているな」
長島は呟きながらさらに触診を続けると指を抜き出した。
「どうです、先生」
「今までずいぶん受け入れ検査をやったが、35号は上玉だな。山本さんしっかり調教すれば、極上のM奴隷が出来ますよ。じゃあ次に子宮部分に問題が無いか確認しよう。塩浜君、クスコ。サイズはMでいいだろう。指ですっかり濡れてしまっているので、潤滑ゼリーも要らないな」
戻ってきていた由香が、ステンレスの台の上から、ピカピカ光るクスコを長島に手渡した。

長島は無造作にその先端を舞子の蜜口に差し込んだ。それが奥まで差し込まれていく感覚に舞子は戸惑った。
「何をするんです。もうやめて…」
「そうか、僕の体で見えないんだな。もう一度入れ直すから見ていてごらん」
長島は舞子が直接鏡で見えるように体をずらし、一度入れたクスコを引き抜いた。
「これを35号の躯に入れて、こうやって開いて子宮の状態やその周囲を検査するんだよ。そのついでに、ここだけで出来る永久避妊をやっておく」
「イヤァ、そんな恐ろしいものを。もう許して下さい」
「そう言われてもねぇ、これも僕の仕事だし、健康診断だと思えばいいだろう。子宮頸がんなんかあったら、奴隷として無価値になってしまうから。それに、ここでしかできない永久避妊をやっておかないと、やっぱり商品価値が下がっちゃうんだ。ここにいる調教師たちは皆パイプカットをしているので大丈夫だけど」
「ぐずぐず言わないで、先生のやるように検査をして貰え。もしこれ以上とやかく言ったら、先生が許していても罰を与えるからな」
川本がドスの効いた声で、舞子の耳元で脅しを掛けた。

クスコが再び挿入されて、ペリカンの嘴が大きく開かれた。舞子は目をつぶってしまい、何をされているのか分からなかった。ただ、途中で子宮に痛みが走ったが、それも直ぐに収まった。
「よし終わった。完全な健康体だ。残りはあと一つだな、35号にはこれだけでいいんだね」
「はい、また必要になった時には、その時点でお願いしますので」
「そうか、君たちも慣れているから、調教の一環としてお尻はやってもいいな。もう何人もそうやっているんだろう」
「ええ、調教の一つとしてやったほうが、効果はあるようです」
この時山本と長島の交わした会話は、舞子には理解できなかった。

長島はクスコを抜き取ると、まだ閉まり切らない蜜壺に指を三本挿入した。
「ア‥‥‥」
思わず声が出てしまったが、その指は優しく入ってきた。そして、さらに優しく肉の洞窟の壁をまさぐる。
最初に指で触診したのと全く違う感覚に、舞子の躯は徐々に熱くなってきてしまった。
そういえば悟もそんなことをしなかった。悟との関係は、今から考えて見ると、躯を合わせて舞子とのつながりを付けるのが目的だったようだ。舞子を性的な高みに持ち上げようという努力も無く、コンドームの中に放出してお終いだった。しかし、それでも舞子はある程度の快感は感じられるようになってきていて、そんなものものなのだろうと思っていた。
いま長島の指がまさぐっているのは、その時と違う快感を引き出しているようである。

「アア~~~」
思わず声が漏れる。
「これだけでも感じているのか」
長島の指は更に肉の壁を撫でまわす。
急に舞子は強烈な、頭の芯まで突き抜けるような刺激を感じて、躰が自然にビクンと反りかえってしまった。
「アアッ!」
「やはりここか‥‥‥」
長島は独り言をつぶやくと、そこを中心に激しく手を動かし始めた。その手の動きで、舞子は急激に快感が膨らんできてしまった。
「アア、イヤァ~~~やめて」
しかし、長島の手は益々激しく動く。今までの愛撫とは違って、男の肉棒が抽送を繰り返すように、いやそれよりも速く強い刺激が送り込まれてきた。
その上、肉壺の中にある感じやすい部分を中心に、指を巧みに動かして迫ってきた。肉棒とは違い、指での刺激は指を曲げたり伸ばしたり、あるいはすぼめたり広げたりと、変幻自在にと変えられる。

「アア、ア~~~‥‥‥」
いつの間にか舞子はめくるめく様な快楽の坩堝に投げ込まれてしまっていた。
その有様を、調教師の三人はじっと目を凝らして見守っている。
長島の指が一段と速くなり、その上強くなってきた。
「アア、ダメ~~~おかしくなっちゃうぅぅ~~~」
「いい感度だ、逝け、逝っていいぞ」
長島の声といっしょに、舞子の無毛の股間から液体が噴き上がった。それと同時に、躯が拘束されているにもかかわらず、限界まで反りかえって突っ張ってしまった。

長島の指に誘導された躯の中心から、躰全体に快感の炎が走り、それが末端にまでいき渡る。足の指も力いっぱい曲げられて、先端まで突っ張ってしまった。
その上、意識しないのに躯中がガクガクと痙攣し始めてしまった。
長島の指に導かれて、次々と股間からの液体があふれ出てしまって止まらない。
「イヤァ~~~~」
舞子は一声大きな声で叫び、躰をひきつらせながら、ひときわ大量の潮を噴き上げると、がっくりと身体全体の力が抜け去ってしまった。



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。


サンプル動画が見られます


テーマ:SM - ジャンル:アダルト



// HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 日々の妄想を形にして(SM小説) all rights reserved.

アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事(目次)
メールフォーム

ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ

バックナンバー
1.新・理不尽な崩壊
2.新・淫虐のロンド
3.新・被縛の中に
4.新・爛れた因習
5.新・恥辱の万華鏡・女教師
6.新・恥辱の万華鏡・女医
7.新・恥辱の万華鏡・人妻
8.新・淫悦への調教

リンク
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
RSSフィード