fc2ブログ

このサイトに関して

ご 注 意 !!
このサイトはアダルトサイトで、かつフィクションです。
実在する個人、団体等とは一切関係ありません。

次のような方は直ちに退出してください。
・18歳未満の方
・不快に思われる方
・空想、妄想などを、現実だと思い込まれる方
 あるいは、その恐れのある方
・フィクションとしてのSMの世界を理解できない方

退出される方はこちらへ


SM・今夜のおかず(緊縛写真集)
小説を読んで頂いたら、
緊縛のイメージを膨らませるためにも、
ぜひご訪問ください。
以前掲載していたサンプル動画へのリンクも混入してます


いつもご訪問頂きありがとうございます。
このサイトは、最新の更新が一番前に来るようになっています。
そのため、連載のストーリーあるいはバックナンバーを読むのに
ご不自由をお掛けしていると思います。

書籍のページをめくるように読むためには
右のカラムの「全記事(目次)」で「全タイトルを表示」をクリックし、
記事の一覧表を表示し、お好きなページをお選び下さい。

そのページを読み終わると、記事欄の下に、
「次のページ/HOME/前のページ」
を選択する行が出ますので、
左側の次のページのタイトルをクリックしてページをめくって下さい。

あたかも本のページをめくるように読み進めることが出来ます。

お試しいただいて、ぜひ妄想の世界をたっぷりとお楽しみ下さい。

更新情報はtwitterで確認できます


テーマ : SM
ジャンル : アダルト

淫狼の生贄 第47回 人妻(2)

卒業した大学のブランド、ペラペラのスペイン語の他に英語やフランス語もこなす芳川に、静香の方から近寄ってきた。
ガイドとして一週間ほど付き合っているうちに、静香はすっかり芳川に夢中になってしまい、日本へ戻ったら結婚しようということにまで行ってしまった。
芳川にとっても小さいとはいえ、南條鉱業の一人娘との結婚は悪くはない。いずれ一国一城の主になれる・・・
しかし、帰国して結婚してみてから分かったことだが、静香はお嬢さま育ちのわがままで、その上プライドばかり高かった。
夫婦の甘い生活は、直ぐに女王とその僕になってしまった。

南條鉱業は静香の父親ががっしり掌握していて、芳川の入り込む隙も無いし、事業の拡張を提言しても、全く聞き入れてもらえない状態だった。
“身の丈にあった規模と堅実な経営”これが南條鉱業のモットーであったため、レアメタルの需要が大きく伸びても事業の拡大はせず、一地方都市の中小企業のままであった。
常務と言う肩書きは貰ったが、権限もなくろくな仕事もない。鬱々としていた芳川を、西片総業が取り込むのは簡単であった。

「何か急に眠くなったわ。ちょっと一眠りしてから帰るから」
静香は自分の寝室へ入っていった。
二人はかなり以前から寝室を別にしていた。
芳川は自分のビールを飲み干すと、入ったきりことりとも音がしない静香の寝室のドアを開けてみた。天井の明かりもつけっぱなしで、掛け布団もかけずにベッドの上で静香が仰向けで眠り込んでいた。
「おい、大丈夫か」
声を掛けてみたが、静香は身動きもしない。規則正しく胸が上下しているのだから、ぐっすりと眠っているのであろう。

静香が寝室を別にし、さらに実家に戻ってしまったため、芳川はずいぶん長い間妻に触れていない。それもあって、余りにも無防備に眠っている姿に思わず胸の膨らみに手を伸ばしていた。
ブラウスとその下のブラジャーを通して、柔らかな弾力が押し返してくる。
それでも静香は起きる様子はない。
芳川は段々大胆になってきた。スカートの裾から手を差し込んでみる。しかし、薬でぐっすりと眠り込んだ静香はぴくりとも動かない。完全に力が抜けきって、芳川のなすがままである。
「おい、静香」
声を掛けてみたが、もちろん全く反応がなかった。

芳川は思い切って、スカートのホックを外した。そして、様子を窺いながら、静香の腰を持ち上げると、スカートを引き下げた。パンストで包まれた下半身が露になっても、静香は全てを芳川に委ねたまま寝息を立てている。

ブラウスをめくり上げてみた。
パンストに包まれた腰、白い割合シンプルなショーツが透けて見える。
静香は全く目を覚ます気配はなかった。何も抵抗しないで芳川の手に委ねられている妻を見下ろしていると、彼は一気に大胆になった。
鋏を取ってくるとパンストを切り裂く。鋏の刃で、ぴんと張ったパンストの繊維は、弾けるように断ち切られてゆく。やがて細い紐のようになって静香からばらばらに離れてしまうと、その下には三十路の熟れた白い太腿が、天井の明かりで艶やかに光っている。
形ばかりの結婚生活も含めてもう6年になる。静香も34歳、女として最も美しい年頃である。そのうえなに不自由なく磨き上げている。

ブラウスのボタンを引きちぎるように外して剥ぎ取り、ブラジャーも取り去った。
上半身が剥き出しになり、残った白い絹のショーツが芳川の目を射る。
そこにも一気に鋏の刃を入れようとして、芳川は思いとどまった。
結婚してからも、こんな明るい光の下で、静香は裸身を曝したことはなかった。
落ち着け、あせることはない………自分に言い聞かせながら、芳川はショーツのゴムひもに手を掛けた。
ゆっくりと、剥くように引き降ろす。一見シンプルだが、贅を凝らした薄い絹の下から、縮れた黒い恥毛が覗き始めた。
尻のほうを剥き、また少し下げる。さらに黒い茂りが広がってきた。

もう我慢できない・・・芳川はくるりと裏返すようにショーツを剥くと、一気に引き下げて静香の足先から抜き取った。一糸まとわぬ躰が仰向けにベッドに横たわって、照明の明るい光の下に曝された。
無駄毛一本すらない手入れの行き届いた脚が、明るい光の下に無造作に投げ出されている。そして、その合わせ目には黒い翳りに包まれた秘裂が僅かに覗いていた。

「ウーン」
小さく呟くような声を出すと、静香は躯を動かした。
はっとして芳川は身を引く。しかし僅かに動いただけで静香はまたぐったりと寝入ってしまった。
今動いたために、右脚が膝の所から折れて外側に広がった。秘裂が益々あからさまになる。
芳川は反対の脚を手で支えると、外に広げてみた。
静香の股間は大きく広がって、芳川の目の前に隠す所もなく曝されてしまった。
「大丈夫だ、目を覚ますことはない」
声に出して確認すると、静香の腰の下に枕を差し込んだ。腰が上がり、さらに秘裂は大きく露になる。
“そうか、こいつのここはこんなだったのか”
初めてしげしげと見る妻の股間、芳川の指がそこへ伸びていった。






ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい

テーマ : SM
ジャンル : アダルト

淫狼の生贄 第46回 人妻(1)

「芳川さん、いつになったら新工場の建設は始まるんだい」
「もうちょっと待ってくれないか、今義父を説得しているところなんだ」
「そんなことを何回も聞かされたってしょうがないんだ。こっちはもうずいぶんあんたにつぎ込んでいるんだぞ。それに、建設機械や現場道具も準備してえらい出費だ。えっ、どうしてくれるんだ」

江府町の繁華街にあるクラブの片隅で、西片建設の塚田社長と南條鉱業の芳川常務のいつものやり取りが始まっていた。
「まあ、塚田さん、芳川常務にだって都合があるだろう。それに、そう簡単にいくはずはない。調べた所、南條鉱業にはそんな計画は無いらしいという情報もある」
今日はいつもと違って、アメリカから来た投資顧問会社の安本が一緒にいる。
「いや、それは秘密裏にやっているから………」
「芳川さん、私の調査能力を甘く見ないほうがいい。芳川さんは常務取締役とはいっても、社長の一人娘と結婚したので、その地位にいるだけで、何の権限もないことは分かっているんだ。この辺で体裁をつくろってないで、我々に協力してくれないか。けっして悪いようにはしないし、今までのことも水に流してやろう」
「そういうことだ。俺たちも南條鉱業のおこぼれの仕事をやるより、アメリカの有力な投資顧問会社も組んでくれたので、南條鉱業自体を頂いちゃうことにしたんだ。そして、江府町も恵須市と合併して大きな市になり、大々的に公共工事を頂こうってわけだ」
「それで私は?」
「なに、芳川さんにはちょっと手伝って貰うだけでいい。南條鉱業が手に入ったら、吉川さんには社長になって貰う。やはり、分かっている者がトップにいないと、せっかく南條鉱業を手に入れても経営が難しい」
「そりゃそうだ。西片総業さんのほうだけでは無理だろう。大体社員もついてこないし・・・」
「分かっているじゃないか」
塚田がほくそ笑んで、まるで芳川の肩を叩かんばかりだ。

「そこでだ、南條鉱業の大株主の一人である奥さんをこっちに取り込もうと思っている」
「しかし、株を持っているといっても、上場している訳ではないから、簡単に売買できるものではないし、名義の書き換えには、取締役会、言い換えれば社長の承認が必要になる」
「そんなことは充分承知している。芳川さんはそんなことは心配しなくていいんだ。こっちで全て上手くやってやる」
「芳川さんに頼むことは、奥さんにビールとでも一緒にこの薬を飲ませて貰えばいいんだ。心配は要らない、ただの睡眠薬だ」
塚田の手から芳川に白い錠剤が1シート渡された。

「でも、女房は実家に戻っちゃって別居中だし・・・」
「とはいっても夫婦だ。口実はいくらでもあるだろう。そうだ、奥さんは離婚したがっているはずだな」
「ああ、確かに」
「じゃあ、離婚に応じるといって、呼び出せばいいだろう。そうすりゃ来るはずだ、本人の署名と判子が必要だからな」
「そうか、その手があるな。しかし、本当に離婚するとなると・・・」
「離婚届は書いただけじゃただの紙切れだ。出さなきゃいいだろう。奥さんのほうは我々がうまくやる」
「わかったな、数日中にやるんだ。やって貰う前に連絡する。それと、南條鉱業には辞表を出しておくんだな。離婚して東京へ戻って、一からやり直すとでも言っておけばいい」

塚田の連絡委応じて、芳川から塚田に電話が入ったのはその1週間後だった。さすがの暑さも峠を越し江府町でも過ごし易くなってきた夜である。明日の夜、妻の静香が来るとのことである。辞表を出したので、本気だと信用してくれたとのことであった。
それを聞いて塚田は必要な手配を始めた。

「これに署名して捺印してくれればいい。俺の方は済ませてある」
芳川はダイニングのテーブルに広げた離婚届を静香のほうに向けた。
「でも、どうして急に気が変わったの」
「俺も南條鉱業に飼い殺しにされているのも嫌になってね。自分の力で生きてみたくなったのさ。それと、お前も戻ってくれるわけはないし」
「よく分かっているじゃない。当面の生活費なんかに困らないように、退職金も出るように父に話しておくわね」
機嫌よく静香は署名して押印した。

「じゃあ、お別れに乾杯でもするか」
芳川は台所に行くと缶ビールとコップを持ってきた。缶のプルトップはすでに開いている。それを静香のコップに注いだ。残りを静香の前に置くと、芳川は別の缶を開けて自分のコップに注いだ。
いつの頃からか、静香は自分の缶は自分で飲み干す。いつもの通りであった。
「じゃあお互い新しい生活へ、乾杯」
芳川は静香が一気に飲み干すように、わざと陽気にグラスを合わせ、自分も一気に飲み干した。静香もやっと離婚が成立して気を許したのか、同じように一気に飲み干した。
彼女は空になったコップに自分の缶から継ぎ足すと、半分ほどまた口に流し込んだ。

「それでいつここを空けてくれるの」
「明日には荷物をまとめて、とりあえず明後日には東京へ行ってみる。大よその当ては付いているんだ」
「そう、じゃあ来週には私は戻ってもいいわね。親といると何かと気兼ねで」
甘ったれて遊びまわっていると聞いているのに・・・と、芳川は苦々しく思った。

芳川と静香が会ったのは、静香が友人二人とヨーロッパを旅行中の時だった。
芳川は一流と言われる国立大学の工学部を卒業し、大手の製鉄所へ就職したが、当然のことながら仕事は厳しかった。特に最初は工場での勤務で、夏でも灼熱の現場で現業の人たちと一緒に働かなければならない。特に自分が卒業した大学より格下の大学を卒業した先輩社員の命令に従っていなくてはならないのに嫌気が差し、2年ほど勤めただけで退職してしまった。その後、外資系の企業に勤めたがそこも長続きせず、たまたま出張で行ったスペインに留まってしまった
しゃにむに働かなくても、日本人のガイドやらなにやらで、食べつないでいかれる生活が性に合ったのか、思いのほか長く居ついてしまっていた。
そんなところへ、静香が友人二人と一緒にやってきた。






ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい

テーマ : SM小説
ジャンル : アダルト

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター
全記事(目次)

全ての記事を表示する

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
リンク
メールフォーム
ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ
バックナンバー
1.縄に堕ちて
2.熟女人妻奴隷調教
3.禁断の館第1話未経験の女
4.禁断の館第2話未亡人再調教
5.淫狼の生贄
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧



フェチのオカズ

人妻のよろめき

【知佳の美貌録】高原ホテル別版 艶本「知佳」

盛若楠紫楼の官能小説

女性用風俗のソフトSMが無料で体験できますin大阪(関西)

緊★縛エロチカ★

SM + 虐 待 & 拷 問

只野課長の調教日記(五人の性奴隷)

若狭と雫(全頭マスクの女)
RSSフィード