FC2ブログ
DUGA

このサイトに関して

ご 注 意 !!
このサイトはアダルトサイトで、かつフィクションです。
実在する個人、団体等とは一切関係ありません。

書かれている事を実際に行えば、犯罪になります。
そのため、次の方は、直ちに退出してください。

・18歳未満の方
・不快に思われる方
・空想、妄想などと現実が区別できない方
 あるいは、その恐れのある方
・フィクションとしてのSMの世界を理解できない方


退出される方はこちらへ



いつもご訪問頂きありがとうございます。
このサイトは、最新の更新が一番前に来るようになっています。
そのため、連載のストーリーあるいはバックナンバーを読むのに
ご不自由をお掛けしていると思います。

書籍のページをめくるように読むためには
右のカラムの「全記事(目次)」で「全タイトルを表示」をクリックし、
記事の一覧表を表示し、お好きなページをお選び下さい。

そのページを読み終わると、記事欄の下に、
「次のページ/HOME/前のページ」
を選択する行が出ますので、
左側の次のページのタイトルをクリックしてページをめくって下さい。

あたかも本のページをめくるように読み進めることが出来ます。

お試しいただいて、ぜひ妄想の世界をたっぷりとお楽しみ下さい。

更新情報はtwitterで確認できます


テーマ : SM
ジャンル : アダルト

温泉女将奴隷化調教(第40回・調教-奉仕1)

「午後の調教だ。のんびり寝てないで、起きるんだ」
結菜に昼食を貰い、カテーテルで膀胱を完全に空にされたFは、その後疲れ果てた体をベッドに横たえていた。
縛師の川端はいなかったが、調教師4人が鉄格子の中に入ってきた。
それを見て、Fはのろのろと体を起こしてベッドを降り、両手を後ろに回した。その腕を背後で深く組むと、龍天が縄を掛けた。その縄掛けは川端にも劣らない程巧みな縛りだった。長い間調教師をやってきただけのことはある。
腕を縛った縄が胸に回されて搾り上げられる。
「ああ‥‥‥」
縄が肌を噛み、躰を締め上げる感触に、Fは思わず声を漏らしていた。
「もう縄に感じるようになったか」
「いや、恥ずかしい‥‥‥言わないで」
「いいよ、感じたら遠慮なく声を出して悦ぶんだ。ご主人様に責められて、自分も一緒に快感を得られるようになってこそ、立派なマゾ奴隷だ」
龍天は乳房の上下を締め上げて、脇の下でその縄にさらに縄を絡ませて搾り上げると縄止めをした。単純な後ろ手縛りだけだったが、それだけでFの自由は奪われてしまった。
肌を噛む縄が気持ちいい。締め上げてくる拘束感も心地よかった。いつの間にかFは俯いてしまっていた。

「すっかり縄に馴染んだようだな。さて、さっきは失神するほどのアクメを味わったんだ。今度は、ご主人様に奉仕してもらおう」
Fは龍天に背中を押されるようにして、俯きながら調教室に出ていった。
調教室には、Fが肛門を拡張された時に縛り付けられた台があった。同じように防水シートで覆われたマットレスが載っている。
そのマットレスの上に、もっこ褌を外して素裸になった若い男の一人が、仰向けに横たわった。
「あの男を満足させるんだ」
「えっそんなこと‥‥‥」
そう言いかけたが、Fは自分はもう奴隷なのだ、命令には逆らえない、逆らえば罰が待っていると思い至った。Fは逆らうこともなく、その男の横に行った。しかし、その先どうしたらいいのか分からず立ち尽くしていた。
両腕は後手にがっしりと縛られている。男から挑まれることには慣れてはきたが、自分からはどうしていいか、Fには経験が無かった。ともかく、その横にひざまずくと、首を伸ばすようにして、男の口に自分の口を寄せた。

「そこから行くのか、さすが老舗旅館の女将だ。奥ゆかしいな」
横になっている男は、差し延ばされたFの頭を両手でつかむと、しっかりと口を合わせた。すぐに男はむさぼるようにFの舌をなぶる。Fもそれに応えて、自分の舌を男の口の中に差し込んでいった。
男は柔らかくそれを受け止める。そして、自分の舌もFの口の中に差し込んできた。
Fはいつの間に舌を絡ませる快感を覚えていた。舌をむさぼりあう‥‥‥そこも敏感な粘膜である。さらに、調教師たちは女を快楽に導くプロである。Fのような経験の少ない女は、その虜になってしまうのは、当たり前のことだった。
Fの舌の使い方はまだまだだったが、男が舌を絡めてくると、同じように男の舌に絡めていった。男はそれだけではなく、歯茎の内側や上あごの内側など、口の中の粘膜に丹念に舌を這わせてくる。Fもそれに倣って男の口中に舌を動かしていった。奉仕するはずのFの方が夢中になってしまっていた。

やがて男がFの頭を動かして、唇を離した。
「舌も上手に使えるようになったな。舌に力を入れないで、柔らかく愛撫するのがコツだ。覚えておくといい。そのうまくなった舌で、そろそろ俺の息子を起こしてくれ。いつまでも口だけじゃ、奉仕にはならないぞ」
「はい、ご主人様」
Fは体を起こすと、膝歩きで男の足元、すなわち台の端に移った。男は脚を開いてFを待っている。その肉塊は今のディープキスでやや力を得ていた。Fは男の股間に躰を移すと、もう嫌悪感もなく、自然にそれを口に含んだ。そして舌で優しく愛撫し始めた。
舌を柔らかくし、亀頭から這わせる。そしてかりへと、思い付くまま男の肉棒を舌と唇で愛撫していった。
「いつの間にか上手になったな。よしよし、その調子だ。頬の内側も使うんだぞ」
ここ数回口を犯されて、多少は慣れたFの口戯で、男の肉塊は見る見るうちに力を得て、Fの口の中をいっぱいにしてきた。

「この後どうするのか分かっているな。そろそろ口から出して、お前の躰に収めるんだ。台の上に乗って俺をまたいで。昼前にバイブ木馬でやったように、お前の穴に自分から入れるんだ。手が使えないから、初めは大変だが、これが本当の奉仕なんだ」
言われてみれば、身動きせずに寝転がっている男に、自分からつながって満足させることは、奴隷としてご主人様に仕えることなのだろう。Fは言われた通り、男に跨り、屹立したものに腰を合わせようとした。しかしバイブ木馬と違って、まっすぐ上に向いているわけではない。手の自由を奪われているFには当然出来なかった。
「出来ないわ‥‥‥」
それでもFは躰を前に倒して何とか収めようとしたが、腕が不自由な身では、しょせん無理なことだった。

プライド狩り 松下紗栄子
サンプル動画が見られます



乳房を鞭打ちされマゾイキする変態女
サンプル動画が見られます




サンプル動画が見られます



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。

テーマ : SM
ジャンル : アダルト

温泉女将奴隷化調教(第39回・調教-バイブ木馬2)

男の行為を模しているかのようだが、受けるFにとっては、全く別の動きで、まるで虐めるために動いているようだった。とは言ってもそれは苦痛ではなく、確実にFを追い上げてくる。
「ヒィ~~、ヒイイイ、やめてぇぇ‥‥‥」
サドル木馬の上では逃げることも出来ない。縄に吊りさがったりのけぞったりと、Fは躰を揉み湧き上がってくる興奮に耐えようとしていた。
段々ディルドの往復運動が速くなってくる。
「イイ~~、だめぇぇ~~、ああ、アアゥ~~~」
歯を食いしばって、声の出るのを止めようとしても、躯中に広がってくる、めくるめく感覚がそれを許さなかった。
かって夫との夜の生活があった時は、このような快感を得たこともなかったし、声を上げるなどは、はしたないことと思っていた。しかし、今ははしたないなどとは言ってはいられない。抑えようとしても、全く不可能だった。

その時、縄で絞り出されている胸の膨らみ、その頂点の珠が、先端が平たい乗馬鞭で叩かれた。
「あぅっ!」
下半身から躯の中に広がってくる快感に呑まれそうになっていた所に、突然鋭い痛みが走った。
「アアグゥ~~」
Fは思わず躰をのけぞらせた。躯の中を犯してくるディルドが、今までと別の角度で責めてきた。
うねり、振動しながら激しく突き上げてきたディルドが、肉壺の奥のポイントを責めてきた。鞭の痛みと渾然一体となったような大きな快感だった。
それは昨夜縛師の川端に初めて知らされた、肉壺の奥にあるポイントである。
昨夜もそれで気も狂わんばかりの絶頂感に突き上げられていた。今度は乱れて恥ずかしい姿を曝すまいと頑張っていたが、Fのその努力をあざ笑うような愉悦だった。

躯を立て直そうと努力するFの胸に、また乗馬鞭が弾ける。おおきく振りかぶって打つ訳ではなく、腕を僅かに動かすだけでも、鋭い痛みが走る。それは当然で、先端が平たい乗馬鞭で軽く打っても、打たれた所は敏感な性感帯なのだ。
「ウゥッ!」
打たれまいと躰を丸めたが、そのためにまたディルドの当たる位置が変わる。そのディルドは振動をしながら、上下に激しく動いている。膣壁が擦られ、とうとうFの秘筒全部が燃え上がってしまっていた。
鞭は乳首だけでなく、下腹部も太腿も所かまわず打ち据えてきた。
「アアゥ‥‥‥」
躯の中に生まれた愉悦の卵がたちまち大きく育って、破裂しそうになっている。その引き金は、ディルドの動きか鞭の痛みか、もうFには分からなかった。

躯の中を嬲られても、鞭の痛みが躯に走っても、全てが躯の芯を揺するような、何とも言えない官能的な恍惚感を、Fに呼び覚まして来た。
「ああぅっ!‥‥‥だめ、イッちゃう‥‥‥イヤァ~~~」
鞭がディルドを咥えている所の少し上、三角の鞘で包まれた所を狙った。
「グェ!」
激しい刺激、それと同時にディルドも一番感じやすい所を攻撃する。
Fはもう耐えきれなかった。卵が割れて、そこから白い光が躯中に放射される。
「ああ、ああ~~~イクゥゥ‥ひぃ~~もっと、もっと打って‥‥‥」
鞭が所かまわず、連続して炸裂し始めた。

「いい、気持ち‥‥‥いい~~~~、ああっぁ~~~打って、もっと叩いて」
木馬の上のFの裸身が、揺れ始めて、直ぐに痙攣が走る。
「ヒィィ~~~イクゥゥ~~~~」
大きくそらせた躰をガクガクとさせて、Fは絶頂を迎えてしまった。
「おぅ、見事な‥‥‥」
ひとしきり体を突っ張らせて、震わせていたが、それが収まるとぐったりと縄に吊り下がってしまった。鞭は止められたが、ディルドはまだ休みなくFを責め続ける。
「ああぅ‥‥‥またぁぁ~~~~」
いったん収まりかけたが、一度逝った躯はすぐに反応してしまう。すぐにFは躰を震わせて、再度のオルガスムスを迎えてしまっていた。
「ヒィィ~~~~」
一声悲鳴を上げると、Fはほとんど気を失ったようになり、反応しなくなってしまった。
サドルの上は、Fが吐き出した淫液で濡れそぼって、天井からの光を受けて光っていた。

拷問無残3
北条麻妃

サンプル動画が見られます



サンプル動画が見られます




サンプル動画が見られます



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。

テーマ : SM
ジャンル : アダルト

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター
全記事(目次)

全ての記事を表示する

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
メールフォーム
ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ
バックナンバー
1.新・理不尽な崩壊
2.新・淫虐のロンド
3.新・被縛の中に
4.新・爛れた因習
5.新・恥辱の万華鏡・女教師
6.新・恥辱の万華鏡・女医
7.新・恥辱の万華鏡・人妻
8.新・淫悦への調教
9.新・縄を求めた女
10. 歪んだ正義=人妻・久美
11. 歪んだ正義=若妻・麗華
12. 歪んだ正義=家元・香澄
13. 女秘書淫虐拷問(中断)
14. 温泉女将奴隷化調教
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード